顔のシミをしっかり除去|綺麗な肌を手に入れる方法を伝授

女性

快適に回復させる方法

花と女性

シミの治療は医療機関などによって様々な方法があるといわれており、種類に応じて費用なども異なります。光治療やレーザーを行っている医療機関も少なくありませんので、事前に相談して回数を確認して通うことが大切です。

Read More...

綺麗な肌にする

顔に触れる女性

シミは主に紫外線によりメラニン色素が活性化されることで生成されます。よって治療法としてメラニン色素を抑えるか、皮膚のターンオーバーを速めてやることがあります。皮膚のターンオーバーはビタミンAをはじめ様々なビタミンが必要なため、適時サプリメントの使用をお勧めします。また状態に応じて施術を受けるのもいいでしょう。

Read More...

レーザーで消す方法

女の人

シミは濃くなったり大きくなったりすると、化粧で隠すことが出来なくなります。そのため今美容外科では薄くする治療を施しています。親身になって相談に乗り、ケアもしてくれるので安心です。ただ治療後どうしたらいいかなどの確認も始めの段階で行なっておくことが大切です。

Read More...

消し方とアフターケア

女医

頑固なシミやそばかすなどは、美容皮膚科クリニックでシミ治療を受ければ消せます。レーザーなら一回で消すことができて、ケミカルピーリングをすれば肌全体がきれいになります。シミは油断すると再発するので、治療をしたあとも紫外線対策をしっかりする必要があります。

Read More...

原因と適切な対処法

美容整形

紫外線とターンオーバー

シミは紫外線にあたりやすいほほ骨のあたりにできやすく、年齢を重ねると濃くなっていきます。紫外線の影響でできるシミのことを「老人性色素班」といいます。加齢でできる一般的なシミも老人性色素班に分類されます。若いころに日焼け止めを塗らないで紫外線にあたるとできやすいのが老人性色素班です。メラニンが何年もかけて肌に蓄積し、それが徐々に表皮に浮き出てきます。加齢やストレスや不規則な生活などが原因でターンオーバーが乱れると、メラニンが適切に排除されずに老人性色素班となって現れます。ほほ骨あたりにできやすいシミにそばかすがあります。10代など若いころにできるそばかすの大半は遺伝が原因です。そばかすができやすい色白の遺伝が親から受け継がれることが原因で、たいていは思春期が終わることにはなくなります。しかし、中には大人になっても消えないそばかすや、大人になってからできるそばかすもあります。こうした大人のそばかすは、老人性色素班と同じように紫外線が大きな原因です。子供のころに紫外線を浴びすぎると、そばかすがそのままシミとなって残ります。また、ターンオーバーが乱れることで、大人になってもそばかすができやすくなります。

もしもできてしまったら

老人性色素班やそばかす以外にも、太田母斑や肝斑、ニキビ跡の色素沈着などいろいろなシミの種類があります。シミの予防に関しては、普段の心がけ次第で自分でもできます。しかし、予防してもどうしてもできてしまう場合もあります。そのようにできてしまったシミを消せるのが、美容皮膚科クリニックの美白治療です。美容皮膚科クリニックでは、レーザーによる治療、外用薬治療、飲み薬治療、ビタミンC美白点滴、ケミカルピーリングなどのシミの治療法があります。レーザーは黒色メラニンを撃退する作用があるレーザー光線を用いて行う治療です。老人性色素班であれば、ほとんどの場合一回で撃退できます。外用薬治療で用いられているのが、ハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏です。これらの軟膏には新陳代謝を早める働きがあり、ターンオーバーのサイクルを早めてメラニンを対外に押しだしてくれます。レーザー治療をしたあとのシミの再発予防にも使用されています。ケミカルピーリングにも、ターンオーバーを促進させて古い角質をはがす効果があります。ターンオーバーが早くなることで、シミの排出も早くなります。ケミカルピーリングはクレーター状のニキビ跡にも効果的です。