顔のシミをしっかり除去|綺麗な肌を手に入れる方法を伝授

長髪の女性

消し方とアフターケア

女医

一回でしっかりなくせる

美容皮膚科クリニックでは、レーザーやピーリングなどの施術で顔にできた「シミ」「そばかす」「肝斑」「ニキビの色素沈着あと」などを消す治療ができます。店頭で購入できるシミを消す医薬部外品のクリームもありますが、シミを「消す」よりも「予防」するのが目的で使用するものがほとんどです。しかし、美容皮膚科は医療機関なので、医療レベルのシミを「消す」目的の治療ができます。どんなにガンコなシミでも一回で消去できるのが、「レーザー治療」です。レーザー治療器はほくろやアートメイクの消去、医療脱毛などにも用いられていますが、シミの消去もできます。できてしまったシミは市販の美白系化粧品を使っても完全になくすことはできませんが、レーザーなら一瞬照射するだけでなくすことができます。ケミカルピーリングはターンオーバーを早めることができる施術です。加齢や生活習慣の乱れなどが原因で遅れてしまったターンオーバーを早め、表皮にできたシミやニキビの色素沈着あとを排出させます。ピーリングをすると古い角質がはがれてキメが整うので、いつも使っている基礎化粧品の浸透力が高まります。一か月に一回の割合ですると美肌効果を維持できます。

紫外線を防ぐこと

レーザーなどでシミを消したとしても、そのあとにしっかりケアをしていないと再発する場合があります。シミができる原因として知られているのが「紫外線」です。紫外線はコラーゲンやエラスチンを破壊し、皮膚を乾燥させてしわやたるみを作る原因にもなるので、アンチエイジングを目指す人によっては大敵と言えます。美容皮膚科でシミを消したあとも、患部を含めて顔全体の紫外線対策を心がけることが大切です。レーザー治療をしたあとはしばらく患部にばんそうこうを貼っておくと安心です。かさぶたになってシミがはがれたら日焼け止めクリームを塗り、さらに紫外線予防効果がある化粧下地やファンデーションを重ね塗りしてお化粧をします。夜寝る前はハイドロキノンクリームを薄く塗っておけばさらに安心です。ハイドロキノンクリームは、美容皮膚科で5g1500円〜3000円ほどで出してもらえます。ハイドロキノにはメラニンの生成を防ぎ、新たにシミを作らせなくする働きがあります。一日一回、夜寝る前に治療したあとに塗ることで、シミが再発するのを予防できます。ハイドロキノンクリームを塗るのをやめると3日でメラニン細胞が活動を始めるので、何もなくても塗り続けるのがポイントです。