顔のシミをしっかり除去|綺麗な肌を手に入れる方法を伝授

長髪の女性

綺麗な肌にする

顔に触れる女性

美白成分をとる

シミ予防、あるいは治療のためにビタミンCやトラネキサム酸の配合された美容クリーム等が美容整形外科などでも治療方法として使われることがあります。シミの生成に関わるメラニン色素の合成を抑えることにより効果を発揮します。一度できてしまったメラニン色素はなかなか消えません。皮膚のターンオーバーは若いうちでは28日、高齢になるにつれ長くかかるとされています。ターンオーバーを早めることでより早くメラニン色素がはがれシミの治療へと繋がります。ターンオーバーにはビタミンCではなくAやEなどの成分が関わっているため、総合ビタミン剤の併用もおすすめです。小さなシミであれば年を重ねるとある程度出てきてしまいます。この時期は紫外線も弱いのですが、3月、4月になるとかなり紫外線が降り注ぎ、日焼け止めなどを使用していない場合、温かく心地いいためあまり感じませんが、皮膚にはかなりのダメージを受けています。この時期の紫外線対策が重要視されており、近年では3月頃から本格的に日焼け止めや美白クリームの販売がされています。抗酸化物質としてファイトケミカルの摂取や日ごろからのビタミンC製剤などの服用が大切になってきます。今ならまだ間に合うので早めの対策をお勧めします。

施術も視野に

大きなシミができてしまうと市販薬ではなかなか治療が難しいです。市販の美白クリームやビタミンの過剰摂取は様々な副作用があることが知られており、また日焼け止めの使い過ぎもビタミンDの合成を阻害し、骨折しやすくなったり子供ではくる病を発症することもあります。大体1日に15分日陰で日光を浴びると十分と言われているため、紫外線の弱い朝、夕方に庭いじりや水やり、買い物時に紫外線を少し浴びることで骨が強化され、またシミの生成を最小限にとどめることができます。サプリメントは過剰量成分が含まれていることがあるため、2日分の服用は基本的にやめたほうがいいです。水溶性ビタミンであれば、おしっことして捨てられるだけで済むこともありますが、ビタミンAやEなどの脂溶性ビタミンは体に蓄積され害になります。基準値を大幅に超えないと副作用は出ないため、習慣化されていない限り安全性は高いです。また食べ物からの摂取は基本的に問題ないことが知られています。シミ治療のためにはビタミンCを含むパプリカや抗酸化物質であるリコピンなどがおすすめです。また普段から生活習慣を意識することも大切ですが、もしあまり効果が見られないのであれば美容整形外科に相談して治療を進めていくことが大事です。クリームを使用したり、シミに直接アプローチしてくれるような施術をしてくれたりするので、早めに薄くしていくことが可能となります。